じゃばらNRT-32 190g 価格3240円

花粉症・アレルギーを抑制するじゃばら

もうそろそろ今年も花粉シーズン到来ですね。

早い人では1月末から感じるのだとか。。。

 

 

毎年毎年、去年の約30倍とあおっておりますね、

ドラッグストア。

今年も暖冬の影響を受けて、去年の30倍だそうですよ。

スポンサーリンク


 

こんにちは、40代主婦です。

赤ちゃんの頃に早くも花粉症を発症しました

娘がおります。

 

目が赤くなってとにかくかゆいらしい娘。

頭もぼーっとしており、

顔全体が腫れた感じで、見るも無残な様子です。

 

幼稚園時代には当時先取りでした

花粉メガネをつけておりました。

 

でもこれって効くんだか効かないんだか・・・

 

ないよりかはちょっとは良い、とのことでした。

 

粒状の薬やサプリメントが飲めない娘。

解熱剤は今でも幼児と同じ、粉状の薬を水で溶いて

飲んでいます。

 

ですので、

薬やサプリメント以外で花粉症に効くものはないかと

探していたところ、

知人からすすめられましたのが

じゃばら果汁100パーセント。

 

「じゃばら」?

その名前に全く馴染みがなかったのですが、

調べてみますと、これが花粉症抑制効果がすこぶる高い!

臨床データあり!

かなりすごいものだったのです。

 

幻の果実「じゃばら」とは?

じゃばらは柑橘類の一種です。

見た目は柚子に似ていますね。

酸味が強いのでそのまま食べるというより

柚子やスダチのように、から揚げや焼き魚に絞ったり

ジャムやジュースにしているようですね。

 

(40代主婦は、酸味より苦味の方が強いと思いました。

柚子やスダチも、若干の苦みが独特ですよね。)

 

なぜにじゃばらが「幻の果実」と呼ばれていたかと言いますと、

もともと和歌山県の北山村のみに自生していた

品種だからなのですって。

 

現在では北山村以外の地域でも栽培されています。

 

ですが、じゃばらといえば北山村。

本家本元です。

 

それにしても強烈な名前「じゃばら」ですが、

なにゆえに?

 

「邪をはらう」でじゃばら

 

だそうです。

いいですね!こういうの大好きです。

スポンサーリンク


じゃばらの花粉症効果はナリルチンにあり。

 

じゃばら果汁100パーセントを水で割って

娘に飲ませたところ、数日でその効果は

ばっちりと出ました。

 

目のかゆみ、鼻水ズルズルが明らかに軽減されてきたのです!

 

娘にとっては酸味と苦味のあるじゃばら果汁は

美味しくないものだったと思いますが、

効果大ありに、黙々と毎朝飲んでいましたよ。

 

なぜにじゃばらが花粉症・アレルギー抑制効果が

あるかといいますと、

 

フラボノイドである「ナリルチン」が

豊富に入っているからなんですね。

 

ナリルチンは、アレルギー抑制効果があると言われていて

じゃばら以外の柑橘類にも含まれているのですが、

その含有量はじゃばらがバツグンに高いのです。

 

で、特にじゃばらの皮に多く含まれているようですよ。

なので、じゃばらの皮を使ったジャムは良さそうですね。

他に、皮の砂糖漬けもあります。

 

新発売!果皮エキス

じゃばら果汁100パーセントを今年も購入しようかと

思っていた1月。

楽天で見つけました!

新発売のじゃばらの果皮エキス!

 

果汁より皮の方がナリルチンが豊富ですし、

エキスの方が果汁よりお手軽かなと思いましたから、

早速に購入したのが上の写真です。

 

で、中身はこんな感じですよ

 

こうやって見ますとバルサミコ酢のようですね。

じゃばら果皮と果汁にはちみつが入っており、

とろりと舐めやすいです。

 

この一瓶約190gにじゃばら果汁360ml20本分の

ナリルチンが入っているのですよ!

おぉ!

 

果皮が入っていること、ここが最大のポイントですね。

高いナリルチンで、只今2月の始まり、

まだむずむず、かゆみもありません。

 

花粉症娘はここ数年はじゃばらと、

出かける前の花粉除けスプレーで、効果絶大。

春のお出かけも怖くなくなりました!

もちろんマスクは必須です。

 

一年を通して何かとアレルギーにやられる娘。

秋にも花粉症ってありますものね。

 

このエキスなら保存も効きますし、

舐めるだけのお手軽さもあり

年間を通してじゃばらエキスを舐めさせようかと思います。

 

 

そして花粉症だけじゃない、

じゃばらの美容効果

40代主婦、やはり最後はここです。

じゃばらの酸っぱさはクエン酸。

クエン酸は抗酸化作用高しですよね!

血液サラサラ効果も高い!

抗酸化力でシミしわたるみなどを

さぞ予防してくれることでしょう!

 

美肌ビタミンであるビタミンCも豊富な柑橘類ですし、

じゃばら。

 

その美容効果も狙っての、じゃばらエキスで花粉症対策。

今年も始めています!

 

スポンサーリンク