2018年6月

サッカーワールドカップ、西野ジャパンを応援します。

 

こんにちは、40代主婦です。

サッカー日本代表選手のひとりである

長友選手が積極的に食べているものを、

専属シェフが言っていましたよ。

 

それは、

良質なたんぱく質とオメガ3。

 

このふたつなのですが、

もうもう!大きく納得したところです。

 

なぜなら40代主婦が今、気をつけるべく摂っているのは

良質なたんぱく質とオメガ3なのです。

サッカー選手でなくとも、一般主婦にも必要なものなのですよ。

 

長友選手といえば、

スタミナ満載で、タフ。常に走っていますよね。

そして、ケガが少ないことで有名なんだそうですよ。

 

ケガがない=食生活の良さ

これは常識なんですね。

 

さぞ、カラダに良いものを食べているのでしょうね!

専属シェフのいる食生活ってどのような・・・?

スポンサーリンク


 

連日連夜のワールドカップゲーム。

4年に1回のワールドカップ、

さすがにスポーツオンチの40代主婦も見ています。

 

世界のスーパースターの華麗なゴール。

個人芸も魅力的ながら、

お国柄を見るのも、楽しい。

 

例えば、セネガル。

今まで全く興味の範囲に入らなかった国なのですが

 

日本に在住のセネガル人へのインタビューの様子や

彼らの応援の様子を見ていましたら、

なんだか、優しくておおらかで明るくて

良いな、と。

セネガルの監督もイケメンですしね!

西野監督もしかり。

 

さてさて、本題に戻しますね。

今朝、ビビットを見ていましたら

サッカー日本代表の専属シェフが出ておりまして。

 

選手たちが、何を好んで食べているのか

教えてくれましたよ。

 

40代主婦とスーパーアスリートである彼らとは、

必要な量が全く違いますが、

なかなか興味深くて。

 

レベルは違うものの、

40代主婦も日々の疲労感は満載ですし、

アスリートの疲労回復に興味あって何かの参考になれば、と。

 

ちょこっと耳にしただけですが、

40代の皆さまにシェアいたしますね。

 

疲労回復にオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸、疲労回復に効果ありで

合宿先で代表選手から

「魚は一日2食出して」と要望があるそうです。

 

そう、魚のオイルはオメガ3脂肪酸。

DHA、EPAがたっぷりと含まれています。

 

オメガ脂肪3。

今や常識、カラダにとっても良いオイルで

美容・健康に欠かせない注目の必須オイルですよね。

 

40代主婦も、オメガ3脂肪酸は積極的にとっています。

といっても、サプリメントでですが。

 

豊富なオメガ3脂肪酸が含まれる魚料理って、苦手。

レシピが全然思いつきません。

お刺身を購入するくらいですね・・・

 

魚料理が苦手、そんなあなたにもおすすめなのは、

缶詰です!

 

サバ、アジ、さんま、シャケ、ツナの缶詰なら

青い魚をキッチンを臭くすることなくお手軽に食べることが

できます。

 

そうそう!ツナ缶のオイル、オメガ3なんですよ。

オイルごと食べるべし、と先日見ました金スマでも

「医者がすすめる食べ方」で伝えていましたよ。

→油は太らない!医者がすすめる正しい食事法

 

同じように、サバ缶やさんま缶も汁ごとお使いくださいね。

DHA、EPAが豊富に含まれておりますから。

 

 

オメガ3脂肪酸。

血液サラサラ効果が高いことは存じておりましたが、

疲労回復効果もあるとは、知りませんでした。

 

疲労回復効果の栄養といえば、ビタミンB1が有名ですものね。

主にビタミンB1豊富な豚肉をせっせと食べていましたが、

オメガ3脂肪酸入りの魚にも疲労回復効果があったとは!

なんとヘルシーな疲労回復食材。

 

サッカー選手たち、肉も食べているようですが

魚を食べることで、あのタフなカラダを作っているのですね。

 

でも、意外でした。

ガッツリと肉食なイメージでしたから。

 

そして。

試合前3日前から、炭水化物をしっかりと食べて

エネルギーを貯める。

うな重、お好み焼き、パスタですね。

 

スポンサーリンク


さらには。

ここが面白くて。

試合後は、30分以内にカレーを食べる。

試合後、素早くカレーの糖質を摂ることで、

痛めた筋肉を回復させ疲労回復に効果あり、とのこと。

 

カレーにはにんじん、パプリカなどを入れビタミンも豊富。

豚肉カレーかな?

 

カレーの香辛料で食欲もわくし、

一般主婦にも疲労回復にと期待できるカレーですよね。

大好きですカレー。

 

へーと思ったのが、

ワールドカップ合宿先に、専属のシェフが入ったのは

ここ10数年の話しだそうですよ。

 

それまでは、とにかくカロリーを摂る、

お腹を空かせないような

食事だったそうです。

 

現代のサッカー選手は食ま気を使うプロフェッショナル。

みなさん、カラダに良いものを取り入れているようですね。

 

ワールドカップの合宿先に、それぞれ日頃食べているものを持ち込んで、

普段食べているものを、食べる。

 

合宿先のお食事は、ビュッフェスタイルで、

それぞれの選手が食べたいものを

自由に取っているようですが、

雑穀米は基本のこと、

そして専属シェフに「一日に2回の魚」を要望するそうです。

 

 

 

そして良質なたんぱく質

良質なたんぱく質を摂ることは、カラダを作る上で

大事なことですね。

 

カラダはたんぱく質でできているのですから。

基本のキです。

 

健康も美容も、たんぱく質の上に成り立っているのですから、

良質なたんぱく質を摂ることは、重要なんですね。

 

 

ここで余談ですが。

数年前になります、40代夫が病に倒れたのですね。

その時に強いられた食事が、

「高たんぱく低脂肪」。

 

その時期に40代主婦がよく使った食材が

 

・ツナ缶

・鶏のささみ

・シーフードミックス

・蒸し大豆

 

高たんぱくで低脂肪食を叶えるこの4つでした。

病が治まってからは、赤身の肉を食べ始めました。

 

高たんぱく低脂肪食を、味付けもごく薄めにして

ゆっくり嚙んで夫と一緒に食べていましたら

40代主婦のカラダにも変化がみられて。

 

余分な体重がスルッと落ちて、

味覚が研ぎ澄まされました。

 

なんとも、不思議な経験でした。

夫の病気は無事に治まりましたが

やたらと疲れやすい40代主婦、

たんぱく質不足を痛感して、

日頃からつとめて良質なたんぱく質を摂るようにしています。

 

サラダに、鶏のささ身やツナ缶をトッピング。

スープに大豆。

そして、つとめて赤い肉を食べる。

卵は必ずひとつ食べるべし。

 

最後に

今回の西野ジャパン。

何はともあれ応援します。

 

一流のアスリートでなくとも、

もし~40代主婦が何かの合宿に参加するなら

何を持っていくかな、と。

 

日頃食べているもので、、、

1番・ルイボスティ―

2番・スムージーの材料(黒酢・青汁・チアシード)

3番・サプリいろいろ

 

40代主婦。

やはり、ルイボスティ―は欠かせません。

→顔シミ対策ルイボスティー飲んで10年目の真実

スポンサーリンク