ゴースト血管を予防する飲みものルイボスティ―

 

こんにちは、40代主婦です。

40代以降に多いといわれる「ゴースト血管」なるものをご存知ですか?

ゴースト血管、つまりは幽霊血管です。

 

先日見ましたテレビでは、NHKですけれどもゴーズト血管をテーマにした番組でした。

 

ゴースト血管とは、カラダ中に張り巡らされた毛細血管の中に、血液が流れなくなり、しまいには消えてなくなってしまう毛細血管のことを言うのです。

これも加齢による現象でして、40代以降に多くみられるようなのですよ。

ズバリ老化現象です、ゴースト血管。

 

毛細血管は、カラダの中を隅々にまでびっしりと張り巡らされており、酸素と栄養を細胞に運び、老廃物を流すという働きを持っています。

毛細血管は、その漢字の通り髪の毛のように細い繊細な血管なのです。

ですので詰まりやすいし、壊れやすいし、切れやすい。

傷つきやすいのですね。

 

傷ついた毛細血管には血液が流れなくなって、つまりは血液がない血管となり、

ここが血管のゴースト化=ゴースト血管といわれるものです。

 

細い血管である毛細血管が切れたとしても、直ちに命にキケンを及ぼすことはありませんが、

決して、あなどれません。

 

じわじわと確実に時間をかけて、カラダの老化や病気の原因をすすめます。

 

お肌にも、もちろんのこと影響大です!

しみ、しわ、たるみの老化3拍子は、毛細血管と深く関係していますから、40代のエイジングケアに毛細血管はとっても重要なのです。

スポンサーリンク


 

ゴースト血管は老化を加速する

毛細血管がゴースト化してしまいますと、毛細血管から届く栄養が細胞に行き渡らなくなることは、明らかですよね。

栄養が渡らないと、細胞が劣化し壊れます。

そして、

細胞の劣化・破壊は、以下のような様々な老化現象や病気を引き起こします。

 

・しみ、しわ、たるみ

・抜け毛、白髪

・冷え性

・むくみ

・肩こり

・白内障

・ガン

・心筋梗塞

・脳卒中

・認知症

 

毛細血管は、重ね重ねお伝えしますが、カラダの隅々にまで巡る血管です。

網膜、頭皮、そして、脳にも。

細い血管ですが決してあなどれない、毛細血管なのです。

 

 

ゴースト血管の原因は?

ゴースト血管の原因は一番は悲しいかな加齢によるものですが、他にもありますよ。

 

ゴースト血管原因① 運動不足

カラダを動かさないと、「栄養を運ぶ必要がない」とカラダが判断するそうです。

運動を全くしない40代主婦。せめてものと家事でカラダを動かしていますよ。

でもこの家事でのちょこちょこ動きは、カラダに負担がなく良いらしいですよ。

家事は軽くゆるいのですが、意識するだけで運動に変わりますよ。

40代主婦が気を付けていることは「皿洗いではかかと立ち」です。

ふくらはぎから、お尻への引き締めにもおすすめですよ。

 

ゴースト血管原因② カラダの締めつけ

ハイヒールや、スキニーパンツなどのカラダを締めつける装いは、血流を悪くしますので、血管のゴースト化を進めます。

ハイヒールを履いたなら、ふくらはぎをマッサージして、全身の血流を促しましょうね。

40代主婦、足のむくみが酷い時にはお布団の中にマッサージクッションを入れて、ふくらはぎをもみ込みます。

血流が促されてカラダが温まるのか、ぐっすりと眠れますよ~。

 

ゴースト血管原因③ 食べすぎ

食事をとりますと血液は、胃や腸などの消化器官に集中して流れます。その時に他の気管への血液量は減少しています。

食べすぎは、常に消化器官へ集中して血流が流れるので、末端の毛細血管へダメージを及ぼします。

スポンサーリンク


 

ゴースト血管をよみがえらせるルイボスティ―

ゴースト血管、そのまま朽ちてしまうことにはなりません。

大丈夫!

ゴースト血管を改善する食べものや飲みもので、毛細血管を修復することができるのですから。

 

40代主婦の、超絶おすすめはルイボスティ―です!

ルイボスティ―ならゴースト血管をよみがえらせることができるのです。

ルイボスティ―には、毛細血管を修復する力があることは明らかなのですから!

 

40代主婦の大好きすぎるルイボスティ―!飲んで10年目、まだ顔シミがありません。これもひとえに、ルイボスティ―の持つ強い抗酸化力のおかげです。

→ルイボスティ―効果 飲んで10年の真実

 

ルイボスティ―のTie2を活性化する作用とは?

ルイボスティ―の毛細血管を修復する作用、

それはTie2(タイツー)という成分を活性化する作用があるから、

なのです。

 

~Tie2とは?~

Tie2は血管の中にある成分で、血管の老化を防いでくれる成分なのです。

このTie2の働きが弱くなると毛細血管が劣化し、壊れやすくなると言われています。

 

ですので、

反対にTie2が活性化することは、毛細血管を丈夫にしてゴースト血管になるのを防ぐことができる、というわけなのですね!

 

で、ここでルイボスティ―なのですよ。

ルイボスティ―は、TIe2が活性化されることが分かっているのですから、ルイボスティ―を飲むことで、血管が丈夫になってゴースト血管をよみがえらせることができるのです!

 

と、いうわけなのですよ。

すごいでしょ、ルイボスティ―!

 

他にもあるゴースト血管を修復する食べもの

 

① シナモン

② しょうが

③ ヒハツ

 

シナモンとしょうがは比較的ポピュラーですから、ヒハツのご紹介をいたしますね。

40代主婦も、初めて聞いたときには何だろう?と思いましたから。

 

~ヒハツとは?~

ヒハツは、東南アジアに分布するコショウ科の植物です。

ナガコショウ、ロングペッパーとも呼ばれています。

沖縄のソーキソバに使われているようですよ。

コショウと似ていますが、シナモンのような甘い香りもあり、コショウより刺激的で強い辛みがあるそうです。

 

で、このヒハツ、なかなか優秀なのですよ。

中国では生薬で「カラダをあたためる」として用いられ、インドでは伝統医学のアーユルヴェーダで、消化不良時に用いられるのだとか。

ヒハツの辛み成分である「ピぺリン」が、血流、血行の改善に効果が高いのだそうです。

ヒハツ、辛み成分が好きな40代主婦は、食べてみたくなりました。

どこかで手に入れてみますね。代謝アップにも良さそう。

 

最後に

ゴースト血管、カラダの不調が多い人には多いそうです。

血行不良はカラダのさまざまなところに出ます。

肩こり、目の疲れ、手足の冷え、むくみ、抜け毛白髪が増えた、寝ても疲れがとれないなどなど・・・

40代、見えませんが血管がゴースト化しているかも知れません。

 

ルイボスティ―を飲んで毛細血管を丈夫に。

飲んでおけば、強い抗酸化力で40代からのエイジングケアに絶対に頼りになります。

飲んで10年選手の40代主婦が、自信を持っておすすめいたしますよ!

スポンサーリンク