ルイボスティーは別名「奇跡の若返り茶」

先日見ましたテレビ番組、たけしの家庭の医学。

その中で動脈硬化などを引き起こす血管の老化が、最初のテーマでした。

加齢と共に、普段はなかなか見ることはできないのですが血管も老化していって血流が悪くなるのですね。

そうして血流が悪くなりますと、老廃物や脂肪などが詰まります。

そうすると、もうおわかりですね。

様々なこわい病気、動脈硬化や心筋梗塞などを発生させてしまいます。

本当に40代からは「血管」は要注意なのです。

 

そして番組内では、血管の若返りに効くお茶として、煎茶が出ていました。

なんでも煎茶の中の成分、エピガロカテキンガレートなるものの作用が、とっても抗酸化力が強くて血管の老化に効くようです。

 

煎茶を飲むには、普通はほどよい温かさのお湯で煎じますのが美味しいのですが、エピガロカテキンガレートはお湯の温度が高ければ高いほど、抽出されるようです。

それでも3割ほどしかエピガロカテキンガレートは摂れない、ということでして、番組内では粉末の煎茶をおすすめしていました。

そして煎茶はカフェインが高いので、妊婦さんやお子さま、注意が必要な方は気を付けて、でした。

 

なるほど、温度とじぼす粉末とカフェイン。

っていろいろ注意が必要で、面倒だなと。。。

 

緑茶も良かろう、ですけれども。

血管若返りを狙うのなら、もっと簡単なお茶がありますよ。

 

ルイボスティ―を沸かして飲むだけの方法です。

 

スポンサーリンク



40代主婦おすすめの血管若返りに効くお茶は、別名「奇跡の若返り茶」と呼ばれる「ルイボスティ―」です。

飲み始めてから、今年で10年目に入ります。

その間ずっと、ルイボスティ―のさまざまな効果を実感しております。

 

ルイボスティ―、別の健康番組では毛細血管を復活させることが最近の研究で判明しており、「血管若返り茶」として紹介されておりましたよ。

「やっぱりルイボスティ―!」とテレビを見ながら一人鼻高々でした。

 

カテキン多い煎茶も、血管への効能が高いことは充分に承知しております。

が、しかし。

 

ルイボスティーは活性酸素を抑える作用が高くて、老化防止、40代のアンチエイジング効果は絶大ですし、

ノンカフェインですから、子どもにも妊婦さんにも、シニアの方々にも安心。ごくごくと毎日飲めます。

さらには妊活中の方にも、今とっても人気のルイボスティーなのですよ。

 

ルイボスティーは女性に嬉しい美容効果が高い飲みものですが、血管をしなやかにする血液サラサラ効果が高いので、

中性脂肪が高い、生活習慣病が気になる40代以降の中年男性方にもその効能は魅力的ですよ。

 

ルイボスティーを飲んで10年目になります40代主婦が、今日はその美的効果を熱く語りたいと思います。

血液サラサラと美肌は深い関係がありますからね!

そうそう血液サラサラの血流を意識するだけでも、気持ちもサラサラ、ナチュラルに感じますよ。

 

 

 

ルイボスティーの効果 ①活性酸素を除去する力が高い

ルイボスティーの効能を一口で言うならば、ズバリこれでしょう。

活性酸素を除去する力が高いこと高いこと!

活性酸素は、日常のあらゆるシーンで発生しております。

今こうして意気揚々とパソコンに向かっておりますが、こうしている間にも活性酸素を出しているに違いないでしょうね。

パソコンの電磁波やブルーライト、知らず知らずにストレスを感じているカラダ。活性酸素を作り出していましょう。。。

病気や老化は、活性酸素を起因とするものですから、活性酸素を抑えてこそのアンチエイジングです。

活性酸素の毒性は、とても酸化力が強いことです。

脂質と結合して過酸化脂肪となり、細胞を傷つけていくのですよ。

傷つけられたカラダは、、、健康とは言えませんね。

 

ルイボスティーの活性酸素を除去する力は、「SOD酵素」という強い抗酸化作用を持つ酵素が、ルイボスティーの中に含まれているからなのです。

「SOD」はスーパー・オキサイド・ディスムターゼの略です。

 

この「SOD酵素」は、私たちのカラダに備わっておりますが40歳を過ぎたあたりから急速に低下することがわかってきました。

このことはとってもわかりますよね。

40代に入った途端に落ちていく体力、筋肉、しみしわたるみなどのお肌に現れる老化現象、思いもよらぬ病気にかかってしまったり・・・

40代でガクッとくるのは、まさに「SOD酵素が低下」なのです。

それなのに活性酸素は増え続け・・・

老化の一途となるわけです。

 

ルイボスティーはSOD酵素が豊富な飲みものですから、毎日ごくごく飲んでおれば安心です。

高い抗酸化作用で活性酸素をや毒素を一斉に除去いたしますよ。

 

ルイボスティーの効果 ②血管力を高める

先述の以前見ましたテレビ番組で、ルイボスティーには毛細血管を修復する力があることがわかりました。

私たちのカラダの隅々までめぐり栄養を届ける細い血管が、毛細血管ですね。

 

~世にもおそろしいゴースト血管のはなし~

これもまた悲しいかな、40歳を過ぎた頃から血管の老化が一気にすすみ、血流が悪くなります。

元々弱くて傷つきやすい細い毛細血管は、血流が悪くなると、なんと血液が通わなくなってしまうのだそうです。

これが「ゴースト血管」と呼ばれるものです。

血液の通っていない血管って、、、

 

ですが、大丈夫ですよ!

 

ルイボスティーに含まれる「SOD酵素」は、活性酸素を除去し血管力を高めて、さらには傷ついた毛細血管をも修復してくれるという、素晴らしい作用があるのです。

スポンサーリンク


 

ルイボスティーの効果 ③血流を促す

去年になりますか、知人の40代後半男性(ちなみに一人暮らしの独身)が、心筋梗塞で通勤電車の中で倒れたのです。

心臓がキュッと痛くなってどうにもならない状態だったとか。

幸い人が多い場所で倒れたため処置が早かったのと、そこまで重くはないという状態でしたが、40代以降からみられる症状、血管の詰まりが原因です。

怖いですね。

 

お見舞いにルイボスティーを送りましたら、医者からすすめられたとかで、すでにその効能を信じて飲んでおりましたよ。

 

さすがルイボスティー!血流を促す作用は医学的に見ても認められているのですね。

嬉しくなりました。

 

アルコールを控えて、野菜もちゃんと食べて、ルイボスティーを飲む。

現在は元気です。・・・しかしたばこは止めていませんね。

あなたその1本、活性酸素がばんばん出て血管を傷つけていますよ。

 

ルイボスティーの効果 ④善玉菌を増やす

ルイボスティーの持つ「SOD酵素」は高い抗酸化作用がありますが、その抗酸化力で、腸内での悪玉菌を抑えます。

ストレスや食生活の悪い生活をしていますと、悪玉菌はどんどん増えていきますね。

その状態では、活性酸素もどんどん増殖しております。

ルイボスティーには、腸内環境を整える作用もありまして悪玉菌やっつけて善玉菌を増やし、腸内のバランスをとってくれるのですよ。

 

善玉菌と言えばそういえば!なのですが。

40代主婦がルイボスティーを飲み始めて数カ月後の健康診断で「善玉菌が多い」と、かかりつけの80代ドクターに褒められました。

その時には、思いあたる節はなくて「へーありがとうございます」な程度だったのですが今は、はっきりとわかります。

これこそルイボスティーのわざである「善玉菌を増やし腸内環境を整える作用」だったのですね。

 

さらにルイボスティーはミネラルも豊富に含んでおりまして、美肌作りに成長期の子どもに最適なのですが、

とくに、ミネラル中のマグネシウムの量が多いのです。

 

マグネシウムは、便秘薬にも含まれている成分でして、便をやわらかくしてすっきりなお通じを促します。

ですから「便秘にもルイボスティー」。

効きます。

 

ルイボスティーの効果 最後に

最後にルイボスティーの美肌効果をお伝えしますね。

これこそ一番お伝えしたかったことかも知れません。

ルイボスティーを飲んで10年目、まだ顔にシミができていません。

これはやはり、

 

① 高い抗酸化力によって活性酸素を除去し、シミの元を作らせない。

② シミを作り出す前に流す。

 

とにかくカラダの中の悪いもの、老廃物を排出する作用が、

ルイボスティーは高い。

これです。

 

血液サラサラで血流がよいことは、美容と健康の土台です。

そして、抗酸化作用はそのまま40代のアンチエイジング作用ですよ。

 

ルイボスティーは私にとってはお守りのような頼りになる飲みものでして、飲まないと落ち着かないくらいです。

毎日欠かせない飲みものです。

 

たまに食べたくなりますスナック菓子。はい、食べます。

で、食べたらルイボスティ―をたくさん飲みます。

とにかくスナック菓子に含まれる悪いものを排出するイメージで飲むのです。

血液サラサラ、サラサラと。

 

ルイボスティー、効果を高めるには茶葉をケトルに入れて沸騰させたなら、さらにぐらぐらと数分間沸かしてくださいね。

そうすることで成分をより高濃度に抽出できるようですよ。

お味もより濃厚に、甘味な香りも鮮やかに広がりますよ。

40代夫婦の血管アンチエイジングに、ミネラル豊富でお子様の健やかな成長に、どうぞご家族そろってお飲みくださいね。

 

ルイボスティ―で、血管年齢を若返り!

その願い、叶います。

スポンサーリンク