腸と開運の深い関係を読み解く

愛新覚羅著「腸開運」

~腸は人体最大のパワースポットです~

 

こんにちは、40代主婦です。

先日本屋でふと手にしました本、

 

そのタイトル「腸開運」。

引き込まれるように読みあげました。

 

腸活、菌活なるワードも定着しておりますが

今一歩の深い理解が欲しく。

しかも「開運」と併せての腸活。

運も腸も気になる!

 

腸を整えるだけで人生は劇的に変化する、

風水と絡めながら成功もお金も引き寄せるって、

ものすごいスケールなのですが

 

読んでいて確かにそうかも、と。

深くうなずけることがたくさんありましたよ。

 

今日は「腸開運」を読んでの読書感想文を

綴ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

著者である「愛新覚羅ゆうはん」さんとは?

まずそのお名前にビビッときました。

そうです、映画「ラスト・エンペラー」での主人公、

清朝の皇帝、愛新覚羅家一族の流れをくむ方なのです。

 

幼い頃から透視能力に長けており、

現在はタロットカード、風水、占星術などを

用いての「開運アドバイザー」として

ご活躍中です。

 

もともと持っていらっしゃる家系の神秘さと

風水などを用いての占い。

このふたで、知らなくとも興味を湧かせてくれる方ですね。

愛新覚羅ゆうはんさん。

 

 

さてその中身、腸開運。

腸は「第2の脳」といわれておりますが

今では逆で「腸の方が脳より賢い」といわれているのだとか。

 

腸は独自神経系を持っており、脳とは別なのですね。

カラダに危険なものが入ってきたら

脳の判断を持たずに、下痢として排出するなど、

確かに独自路線です。

 

面白いのが人間を「考えるちくわ」と

表現しているところ。

 

口から入ったものが、カラダを循環して

排出される。

 

真ん中にある腹、すなわち腸が詰まっていたら

流れは滞り、悪いものをどんどんため込んでしまう。

 

「腹に納める」という言葉もありますね。

人に言えず飲みこんだ言葉は腹にたまる、と。

 

怒り、不安、恐れなどのネガティブな感情が

どんどんたまっている人は下痢や便秘など

お腹のトラブルが多いのだそうです。

 

わかります。

ストレスはまずお腹にきますから、40代主婦。

何かあるとまずお腹。

家族で私だけの食あたりもしょっちゅうやっています。

 

「ストレスがたまる」というのは実際には

「お腹にたまる」ということなのですね。

 

 

風水的に「腸は人体最大にパワースポット」

 

風水では、気(エネルギー)の流れを龍脈といい、

その気が集まって地上に噴き出す場所を

パワースポットというのですが、

 

人間のカラダでは、気が集まる場所は

「腸」である、ということなのです。

ですので、腸は風水的に「最強のパワースポット」

といわれるのだそうですよ。

 

ですので、ここを磨く。

自分自身のパワースポット「腸」を磨くことは

開運につながる、というわけなのです。

(パワースポット巡りの前に、
自身のパワースポットを磨こう!)

 

本の中では、開運体質に変わるための

「心のバランス」チェックも載っています。

 

ここでは、ここでも!

ネガティブでもポジティブでもない

真ん中の「中庸」で良いと。

 

そう、引き寄せの法則でもそうでしたね。

→三凛さとしさんの引き寄せワーク

ネガでもポジでもない、
心穏やかな真ん中を目指していますよ。

 

40代主婦は、自他共に認める胃腸弱なので、

いろいろ「そうだな~」ということがたくさんありまして。

 

例えば、腸がすっきりとしていると

頭もすっきり。

 

朝、胃腸が重いと体調が悪いなカラダが重いな、

と感じます。

 

気持ちも沈んでいますよね。

便秘だど、ずっと暗いし。。

下痢中だど、ずっと不安。元気が出ない。

緊張すると下痢になりますし。。。

 

ですので、心の調子を整えることと

腸の調子を整えることは、イコールになるのですね。

 

開運と腸の関係、わかりましたよ。

開運というのは、そもそも健康な肉体に宿るものですからね!

 

・・・とごめんなさい。

本日はここまでに致します。

 

もうちょっとまとめないと、

自分で落とし込まないと

書けない!

 

中途半端な感想になりましたが、

また必ず書きますので、ごめんなさい。

 

次は、楽しい腸活食べものから書きます。

すみません!失礼いたします。

 

スポンサーリンク