緑茶を「飲むorうがい」どちらがインフルエンザ予防に効果的?

 

今年もインフルエンザが猛威を振るっています。

昨日も近所のママ友がインフルと聞いて、小学生の子ども達を呼んで夜ご飯を一緒にしたところです。

でも、その子どもたちがくしゃみ、咳を連発で、、、インフル罹患の可能性もありかも!ということで、帰宅させた後には空気を入れ替えて、手洗い、お茶うがい。子どもは先にお風呂に入れてと念には念を重ねました。

40代主婦、お風呂もこの時期はインフルエンザ風邪予防アイテムのひとつです。

インフルエンザ予防にと、この時期我が家では必ず行っているのが「お茶うがい」なのですけど、それは緑茶の持つカテキンの効果・効能に期待してのことです。

でも緑茶を飲むのとうがいするのと、どちらが効果的なのでしょう?

 

カテキンの作用

カテキンは、ポリフェノールの一種です。緑茶の渋味とあの色味はポリフェノール成分です。

ポリフェノールは抗酸化力が強いので美肌作りに欠かせないものですね。このブログでも度々絶賛しております。

この抗酸化力こそ病気の原因を作りだす「活性酸素」を除去する強力な作用で、インフルエンザ・風邪予防にと期待されているところなのです。

さらに、カテキンの作用として期待されているところがもうひとつありますよ!

そしてここがインフルエンザ・風邪予防に効果的なのですが、それはカテキンの「抗菌・殺菌」作用です。

(カテキンには脂肪の吸収を抑える効果も!)

カテキンは紅茶、ウーロン茶にも含まれていますが、緑茶がカテキンを一番多く含んでいます。

スポンサーリンク


カテキンの効果・効能

カテキンの効果・効能をさらに詳しくお伝えいたしますね。

 

① 抗酸化作用

カテキンの強い抗酸化作用は、代表的な抗酸化物質である「若返りビタミンE」の50倍もの力を持っています。

この高い抗酸化作用でカテキンは、食品の酸化を防ぐ品質保持剤としても使われていますよ。

抗酸化作用とは、老化と病気の原因を作りだす「活性酸素」を除去する作用です。

活性酸素の基本は、体内に侵入してきたウィルスや菌を攻撃して、身を守ってくれる有り難いものなのですが、

その攻撃力が強いゆえに、過剰に発生してしまうと健康な細胞まで破壊するのですよ。やっかいな存在です。

傷つけられた細胞は、老化や病気の原因となるのですから、抗酸化作用高いものを摂って、必要以上な活性酸素を除去することが必要なのです。

 

カテキンはエピカテキンなど種類が4つあるのですが、その中でも強力な抗酸化作用を持つのが、今注目の「エピガロカテキンガレート」です。

免役力アップ、ダイエット、ガン予防、脳の老化予防、生活習慣病の予防、インフルエンザ予防と大きく期待されている成分です。

これは水出しの緑茶にたっぷりと含まれているのですが、いつか詳しくお伝えしますね。

 

② 殺菌・抗菌作用

カテキンの殺菌・抗菌作用でインフルエンザ予防に効果があることは、研究で明らかとなっていますよ。

なんでも緑茶に含まれるカテキンは、ウィルスの細胞内付着を阻止し、細胞内での増殖を阻害する作用があるそうです。

さらにもうひとつ緑茶に含まれるアミノ酸の一種である「テアニン」が免役力をアップさせるそうです。

「カテキンとテアニン」このふたつの相乗効果でもって、インフルエンザ予防に効果をより高めているのですね。

 

インフルエンザ予防には、緑茶を飲む。

インフルエンザ予防に効果に発揮できるのは、どうやら緑茶を飲む方がよさそうです。

うがいというのは、喉を湿らすことが目的ですので、飲む方がだんぜん良いのだとか。

緑茶でうがいや口をゆすぐことは、口臭や虫歯予防につながるようですね。

さて、インフルエンザ予防に効果的な緑茶の飲み方ですが、カテキンは体内に吸収されても長くとどまらないので、毎日さらには一日に数回わけて飲むことが良いのだそうです。

一日3食のご飯と一緒に緑茶を飲むことは、カテキンの濃度をより高める傾向があるのそうですよ。

一番茶が一番カテキンの量が多いので、常に新しい茶葉を意識すると良いですね。一番最初が美味しいですしね!

スポンサーリンク


 

最後に

緑茶のカテキンがインフルエンザ・風邪予防に効果的なのは明らかですね。全国の小学校でもお茶を飲むことやお茶うがいでインフルエンザ予防に効果を出しているようです。

小学生母としましては、給食は絶対的に牛乳ではなく、ご飯の時には緑茶にしてほしいなと密かに思っていますが。

緑茶のカテキンパワーをもっと広めてインフルエンザ予防に効果認知できたら冬の間だけも緑茶になるかも・・・・淡い夢ですね。

緑茶は60℃程度のぬるま湯程度が本当に美味しく頂けますね。でもでも、ついつい熱湯を入れてしまう。

40代主婦、そろそろ日本茶くらい上手にいれたいものです。

スポンサーリンク