こんにちは、40代主婦です。

先日、アルガンオイルについて書きましたので

ヘアオイルつながりで今日は日本の伝統的なオイル、

椿オイルの効果を、お話しいたしますね。

 

上の写真ですが、

我が家の洗面台で撮ったものです。

左がアルガン入りオイル、右が椿オイルです。

→アルガンオイルの美容効果ってすごい!

 

40代主婦、椿オイルは使って2本目のキャリアです。

長崎県は五島列島で作られたもの。

輝く黄金色が、リッチ感をかもしだします。

 

椿オイルは、

友人のお母さんが使われていて

御年70代後半なのですが、

アクティブでお肌はピッカピカのツヤツヤ。

そして肉好き。

60代にしか見えない元気すぎるシニアなのです。

 

その秘けつは、椿オイルなのでした。

全身に使っていると。

椿オイルって、超アンチエイジング!

 

で、その彼女からすすめられたのが上の

椿オイルなのです。

用いて2本目の使用感たっぷりですので、

その体感と共に、

お伝えしてしていきたいと思います。

 

さて、椿オイルといいますと。

ヘアケアに使うオイルと思われていますが、

お肌にもとっても効果高いオイルなのですよ。

40代主婦は、髪とお肌に使っていますよ。

 

椿オイルは、不飽和脂肪酸です。

オリーブオイルと同じオレイン酸がたっぷりと含まれており、

しかもその含有量は、オリーブオイルより多いのですってよ。

 

不飽和脂肪酸の中でも、

①酸化しにくく

②長期保存ができ

③加熱に強い

オレイン酸は、使いやすいオイルです。

 

オリーブオイルは

「食べてよし塗ってよし」ですが

椿オイルも全くそうですよ。

「食べても塗ってもよし」

 

ですが今回は、

「食べる」はなくて「塗る」にフォーカスいたしますよ。

 

そうそう。

椿オイルをまつ毛に塗ると、伸びてきた!

なんて話しもありますし、

日焼け止めにもなる?とか。

 

なっかなかの万能オイルなのですよ。

 

それでは、まずは椿オイルの基本情報から

お伝えしますね。

では、どうぞ。

スポンサーリンク


椿オイルは平安時代から

椿オイルの歴史はとっても古くて、

さかのぼること平安時代には、登場しています。

 

平安時代から親しまれてきたオイルなのですね。

平安時代に女性といえば

あの黒くて長いヘアスタイル。

椿オイルでケアしていたのでしょうね。

そう思うと、みやびな気分になりますね。

 

他には食用油や薬として、また錆びどめや燃料として

用いられてきたようですよ。

 

美容から生活の中までといろいろ使える、

椿オイルは、万能オイルですね。

 

 

椿オイルの美容効果

① 保湿効果が高い

椿オイルに豊富に含まれるオレイン酸ですが、

実は、私たちの肌と深い関係があるのですよ。

 

お肌の皮脂成分の約4割は、オレイン酸なのです。

 

ですので、オレイン酸はお肌にとっても

なじみが良いのですね。

もともとあるのですから、そうですね。

 

で、この皮脂成分が少なくなると乾燥肌に

なってしまうので、

オレイン酸たっぷりの椿オイルでケアすることは、

乾燥を防ぎ、保湿効果がとっても高い

ということなのです。

 

冬のみならず夏でも、

エアコンや紫外線による乾燥のキケンがありますから、

40代は年間を通して、保湿に気が抜けませんね。

40代主婦は、保湿命です。

 

で、さらにオレイン酸は!

不乾性オイルですので、

水分の蒸発を防いで、水分を閉じこめます!

 

おぉ、スキンケアの最終アイテム、

お肌にフタをする。

これが椿オイルでできるのですね。

 

皮脂成分を補充しながら、水分を閉じこめる。

これ、スキンケアの理想です。

椿オイル、すばらしい!

 

確かに、お風呂上りに椿オイルを塗ると

ぴっちりと保湿されて、これで終了です。

伸びがよいので、まず顔につけてその手で

頭皮をマッサージしていますよ。

 

塗れた髪に椿オイルを塗り込んで、ドライヤー。

朝、しっとりとまとまっています。

本当です。

② 毛穴をきれいにしてニキビ予防

そう、これは今回知った効果なのですが、

毛穴をキレイにしてくれるそうなのですよ。

 

これ、なぜかといいますと。

先ほどの皮脂と関係がありましてね、

①皮脂が少なくて乾燥すると

②角質が剥がれやすくなる

③水分不足を補うため皮脂の分泌が増えて

④肌のバリア機能が低下

 

よって、

毛穴汚れや肌荒れ、ニキビなどを引きおこすのです。

毛穴に角質や過剰に分泌された皮脂が詰まるのですね。

 

そうそう、ニキビにも皮脂を吸いとるだけではキケン。

水分と保湿が大事ですからね。

 

ヒトの皮脂成分である椿オイルのオレイン酸で、

優しくケアし、ターンオーバーを整える。

 

みずみずしいお肌へと導きます。

 

さらに、サポニンで殺菌効果!

椿オイルには、サポニンという成分が入っています。

サポニンは、殺菌・抗菌・抗炎症効果がありますから、

ニキビを殺菌し、炎症を抑えることができるのですね。

ニキビの元であるアクネ菌を、やっつけて、

炎症を抑える。

これはもう、ニキビの治療薬みたいな作用ですね。

 

 

余談ですが、オイル美容好きな40代主婦。

いろいろ使っていますが、おすすめはこれ。

ニキビをはじめ、首イボ、娘のウオの目まで

ひまし油でポロリですよ。

→首イボポロリひまし油の効果

家庭に1本あれば、いろいろ使えて便利この上ない

ひまし油です。

スポンサーリンク


 

さて、話しは戻りまして。

毛穴汚れには、椿オイルでマッサージするように

使うといいみたいですね。

やったことはないので、なんともいえませんが。

クレンジングとしても使える椿オイルです。

 

③ 髪にツヤハリ、ダメージを防ぐ

椿オイル、最後はやっぱりこれですよね!

髪に効く。

 

ツバキオイルシャンプーもありますよね。

ツヤツヤな黒髪をイメージするツバキオイルです。

 

①髪に潤いを与えます

椿オイルは保湿力が高いので、髪にも潤いを与えます。

お肌への効能と同じように、

髪にも、水分の蒸発を防ぎ閉じこめて、

オイルでコ―ティング。

 

②指どおりのよいサラサラな髪へ

椿オイルでコーティングされた髪は、

サラサラスベスベな指どおりのよい髪になりますよ。

髪にオイルの光沢がでて、ツヤツヤしますし、

なのにオイルにありがちな重くてペタンとした

感じには一切なりません。

むしろやわらかくハリがでますから、

ここが椿オイルすごいなと。

 

③ダメージから守る

ドライヤーの熱、カラーやパーマ、紫外線などの

ダメージから髪を守ります。

ですので、40代主婦は洗い上がりの髪に

椿オイル

それから乾かしますよ。

頭皮マッサージにも使えます。

頭皮の乾燥は、髪を老けさせますのでね、

頭皮も保湿命ですよ。

 

最後に

椿オイルは、紫外線を防ぐこともできますよ。

これはオリーブオイルと同じ効能ですね。

酸化しにくオイルは、油やけしませんから。

 

ただ、椿オイルだけでは完全な紫外線対策とは

いえないので、

化粧下地に使って、その上に日焼け止めを使うのが

良さそうですね。

 

日焼け止めって強いとお肌が乾燥することがありますし、

椿オイルはべたつきもありませんし、

良いかなと思われます。

 

オイルを下地に使うのは、しょっちゅやっていますよ。

主に冬の時期の乾燥対策ですが。

でも、アレルギー予防に春先にもよく用いています。

オイルの油分で、アレルギー物質をはねつけるというか

お肌の保護感が高くて、安心です。

 

そしてオイルを塗ると、

お肌にツヤ感がでるのが、また嬉しいのです♡

 

椿オイル、

匂いが独特かな、子どもにはウケませんが

その匂いもすーっといつの間にか抜けていますから

気になりませんよ。

さらっとべたつかないのも、良いですね。

1本あれば、髪、顔、カラダと全身に使えます。

コスパよし。

 

やっぱりオイル好き!

次に狙うは、アルガンオイル!

(注:上のアルガンオイルは、ヘア専用なので

肌には使えないのです)

ではでは。

 

入村しました♡ にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

スポンサーリンク