疲労回復に効く食べもの。疲れたときこそシンプルに食べよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sく疲れたときには、甘いものが欲しくなりますよね。脳の疲れには「ブドウ糖」です。

 

身近にある食べもので疲労回復

疲労回復に効く食べものといえば、うなぎに焼肉、ステーキに、はたまたすっぽん!などなど。

高級でなくとも、野菜たっぷりメニューなど、手がかかるものを想像してしまいますよね。

いえいえ、疲れたときこそ身近にある食べもので、簡単な調理方法で食べたいですよね。だって疲れているのですから。

本日は、自宅での簡単調理に加えて、たとえファミレスでも居酒屋でも食べるときには、疲労回復に効果があるものを、お伝えいたしますね。

スポンサーリンク


 

疲労回復メニュー①

 

40代主の疲労回復メニュー、一番のおすすめは鶏ガラでとったスープです。

にんにくと鶏ガラ、ネギの青い部分を入れてひたすら火にかけること、数時間。白濁したスープができあがります。

スープは、素材を味わいたいので、調味せずそのままで頂くのがベストです。疲れたカラダに優しいお味が染み込みます。

ですが、なにせお味は薄いです。家族には不評ですので、夫や子どもに飲ませたいときには、塩、黒こしょうで整えます。

そのまま鍋にするのも良いですよ。お肉に豆腐、野菜がたっぷりと頂けます。

にんにくのパワーと鶏ガラから出るアミノ酸で、疲労回復に効果的ですよ。風邪のひき始めにも、よく作って飲んでいます。

加えて、鶏ガラはコラーゲンもたっぷりと含んでおりますから、40代母には嬉しい効果もあります。

胃が疲れたとき、食欲のないときには、ごはんにこのスープをかけてさらさらとお茶づけのようにして食べています。塩ではなく、七味や、ごま、ゆずこしょうなどの薬味を入れて味にアクセントを入れるのが、私は好きです。

 

疲労回復メニュー②

鶏の次にはやっぱり豚肉!ビタミンBが豊富な豚肉は言わずと知れた「疲労回復」や「夏バテに効く」食べものですよね。安価で使いやすさは抜群です。

豚肉はたんぱく質が豊富ですし、豊富なビタミンBで脂質や糖質をエネルギーに変える作用をしますから、運動後の肉体疲労回復にはかなり効果的な食べものなのです。

また、たんぱく質は豚肉の赤味の部分だけではなくて、内臓部分のレバーにもたっぷりと含まれております。そして豚レバーの栄養ってすごい。素晴らしいので下に書き出します。

 

☆豚レバーの栄養

たんぱく質、鉄分、葉酸、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンA、

豚レバーは、牛鶏と比べてビタミンAと鉄分の含有量が多いです。動物性の鉄分は、「ヘム鉄」と言いましてとても吸収が良いことが特徴です。

ビタミンAの効力も高く、にんじんの約10倍といわれています。免疫をあげて病気からカラダを守る、眼精疲労にも効くビタミンAですね。

レバー、調理するにはひと手間かかりますが、居酒屋メニューには必ずあることでしょう。ニラレバ。個性も強いものどうし、よく合いますね。

豚肉メニューは、簡単。スライスしている薄いのをそのまま焼いて、シンプルに塩コショウで頂きます。

ひと手間加えることができるならば、擦った生姜とお醤油につける、あるいは塩麹につけると、乳酸菌の作用で肉質がジューシーにやわらかくなりますよ。

 

☆ここでポイント

豚肉だけを食べるのは逆効果です。かえって疲労物質が増えることも。そこでおすすめなのが、豚肉と一緒にクエン酸を摂ることです。

とんかつにレモン、理にかなっています。酢のものをつけあわせる、あるいはレモン水を飲むでも良いですね。ソテーした豚肉に黒酢をかけるのも、私は好きですが、酸味好きゆえな組み合わせでしょうか。

クエン酸を上手に摂ることは、日々の疲労回復につながります。柑橘類のくだものや薬味に、レモン、すだち、黒酢など日頃から適度に摂っておくと良いですよ。

スポンサーリンク


 疲労回復メニュー③

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、そして活性酸素を抑える作用、抗酸化力のあるリコピンが入ったトマトは、疲労回復メニューにぴったりの食べものですよ。

トマトなら外食先でも、必ず食べることができますよね。コンビニエンスで買えますトマトジュースでも充分にいけます。

「トマトが赤くなれば医者が青くなる」とまで言われるトマトです。活性酸素を抑制する抗酸化力は疲労回復だけではなく、美肌に美白にアンチエイジングにと美容効果も満載のトマトです。

 

☆ここでポイント

トマトは生食でもよいのですが、リコピンを効果的に摂るには、加熱です。ファミレスのメニューにありそうでうよね。「トマトとチーズのリゾット」、しっかりと加熱していますね。

トマトソースからできているパスタやピザもたくさんありますね。ケチャップでもジュースでも摂れるのが嬉しい、トマトのリコピンです。

 

精神的な疲労回復メニュー④

脳の疲労には、脳の唯一のエネルギーであるブドウ糖補給、すなわち甘いものが必要ですが、精神的な疲労回復には、辛い玉ねぎが有効です。

玉ねぎ、ニラ、などのネギ類は辛みがありますよね。この辛み成分である「硫化アリル」が精神疲労に効果的といわれていますよ。

硫化アリルには精神鎮静作用があるといわれ、気持ちをおだやかにし、ココロの疲れやストレスをやわらげてくれます。

 

☆ここでポイント

硫化アリルは、加熱するとその効果が低下してしまいます。生で頂くのがベストですが、水にさらしすぎないように。薄くスライスしてお酢と合わせたり、ラッキョウ酢につけて、焼いた豚肉の上にもりもりとのせて食べるのも、美味しいですよ。

確かに生の玉ねぎを食べると、その辛みで気持ちも師筋もシャン!となりますよね。硫化アリルの効果なのですね。

 

⑤ 枝豆

枝豆は大豆になる前の未成熟のものですが、バランスがとれた栄養成分で構成されているので、エネルギーとなりやすく疲労回復に役立ちます。居酒屋、ファミレス、コンビニエンスストア、手身近な食べものですね。

葉酸を含んでいて貧血予防にもなりますから、女性に嬉しいアルコールのおつまみですね。

 

最後に

疲労回復に効果的な食べものを述べましたが、最後にとっても大事なことをお伝えしますね。

それは、カラダをほぐすことです。軽い運動ですね。疲労回復にと摂った栄養も、カラダが固くては血流が悪くなっており、充分に栄養をカラダの隅々まで行き渡らせることが、できません。

ですので軽く運動をして、カラダをほぐして、血流をよくすることが大事なのです。

カラダが重い、なんだか疲れがとれない、眠れない・・・軽く運動しましょうね。ストレッチ程度で充分です。

おすすめはかかとを上げての歩行です。家の中で、キッチンで、どこでもできます。下半身痩せにも、いいですよ!

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*