コラーゲンを増やす日本酒の「αーEG」とは?ヒルナンデスより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日お昼のテレビ番組「ヒルナンデス」を見ていましたら、冬の乾燥肌対策として、コラーゲンを増やす日本酒の旨味成分「αーEG」が出ていました。

アルファーイージー。

日本酒でコラーゲンを増やすことができるなんて!40代のアンチエイジングケアにぴったりではないでしょうか。

そして番組の中で、日本酒でコラーゲンを増やす解説をしてくださっているのが、医学博士であられる日比野佐和子ドクター。

色白の美人ドクターでいらっしゃるのですが、驚いたのが御年47歳!(多分)どう見ても27歳~アラサーな雰囲気なのですから驚きです。

可愛らしい上に、白くてもっちもちのツヤハリある潤い美肌。

日本酒は強くはないけれども好きです、とのこと。

おぉ、飲まねばと説得のある美肌の持ち主でした。

スポンサーリンク


~日本酒の旨味成分αーEGとは?~

さてさて、コラーゲンを増やす日本酒の旨み成分「αーEG」に戻りますね。

「αーEG」は金沢工業大学とお酒会社の研究チームが世界で初めて、

皮膚真皮層のコラーゲンを増やすことを学術的に実証した成分なのですよ。

αーEGは、一般的な日本酒の0.5パーセントに含まれている旨味成分なのですって。

数週間にわたり日本酒の適量を飲んだり塗ったりすると、お肌にハリをもたらせることがわかり、その結果コラーゲンを増やすということが明らかとなったというわけなのです。

 

日本酒の適量というのは、ぐい吞み一杯程度の50mlの飲酒でも効果があるそうですから、楽勝ですよね!

先述の美人ドクターは効果を出すには200mlと申しておられましたが。(やはりお酒好き!?)

 

昔から、日本酒を造る杜氏の手は白くてシミひとつなく、ハリツヤあって美しいと言われていますものね。

そうそう、グラスにわずかに残った日本酒を友人が手に塗り込んでいましたっけ。ハンドクリーム?化粧水がわり?

塗るコラーゲン!!

 

 

αーEGは、日本酒だけでなく酒粕、みりん、料理酒にも含まれているようです。

40代主婦、私のおすすめは酒粕ですね。

そうです昨晩、粕汁を作りました。根菜類と鮭を入れまして、寒い冬にはとっておきのごちそうですよ。

作り方はとっても簡単。(とっても我流です。)

普通のお味噌汁と作り方は同じです。

 

お出汁で具材を茹でて、最後に酒粕80~100グラムを出汁で溶き入れる。鮭を入れる時は、塩鮭を焼いたものを入れる。

味が薄かったのなら最後の仕上げにお味噌を少し入れても。

おおざっぱなレシピですみません。

 

で、日本酒のコラーゲンを増やす話しを聞きましたら無性にやってみたくなり、初めて酒粕でパックしましたよ。

αーEGは呑んでもよし、塗ってもよしですからね!お昼間でしたから、塗りこんだわけです。

 

~酒粕パック~

これもまたまた我流なのですが、酒粕大さじ1杯ほどをぬるま湯で溶かして顔に塗るというもの。

酒粕パック、塗っていくうちから、みるみる白くモチモチになっていくので面白かったですよ~。

 

塗ること5分程度で、ぬるま湯で石鹸をつけずに洗い流しました。

それが、、、

酒粕がぺったりとお肌にはりつきますので、洗い流すのが結構大変でした。

先にティッシュオフすれば良かったかなと。

 

それと酒粕が結構しっかりと形があって、最初は洗面所で洗い流しましたが、水道管に酒粕が詰まりそうなので慌ててキッチンへ行き洗い流しましたよ。

次回はもう少し丁寧に溶かさねば。

 

そして最後のお楽しみ洗い上がり!

白くきゅーっと引き締まった感じになりましたよ。久しぶりのツヤ感も素晴らしい!

潤い満タンな40代の顔!

 

嬉しくて、その後はお化粧しませんでした。

あ、まゆ毛は描きましたが。

 

この即効性はクセになりそうです。お肌の状態にもよりますが、また数日後にはやってみたいな、酒粕残っていますし。

それからはまり込んで毎朝続けて酒粕パックやっています。

→酒粕パック6つの美肌効果実感なう。

 

酒粕は「発酵食品」としても最近話題の美容食材ですよね。

アンチエイジングな美意識高い40代は、取り入れるべき食材です。

スポンサーリンク


最後に

ヒルナンデスの中では、甘酒もおすすめしていましたよ。シミやくすみ、目元のクマ改善に、髪や肌にハリ潤いを与えると。

全くその通り!

甘酒は40代主婦にとって、アミノ酸が豊富で疲労回復に美肌作りにと、切り離せないとっても頼りになる存在です。

どんな化粧品よりも甘酒の美肌効果が高いのです。

40代のお疲れ気味状態が改善して、お肌もカラダもココロも安定するので、飲み続けることで自信が持てますよ。

そして甘酒も即効性があるので嬉しいのです。(これは気の持ちようでしょうけれどもね。)

飲む点滴!簡単甘酒のレシピはこちら

 

日本酒入りの化粧水、クリームも市販されてありますよね。αーEGのコラーゲンを増やす実績を知ったなら、早速使ってみたいですね。

まずは酒粕パックの習慣を始めます。

 

最後にもうひとつ。コラーゲン豊富なスープ「ボーンブロス」もおすすめですよ。

ここでひとつ思ったのが、ボーンブロスに酒粕を入れても良さそうです。寒い冬に温まるスープは至福のひととき。

し・か・も!

ボーンブロス+酒粕で、美味しい上にはコラーゲン最強スープとなりそうですね!

→コラーゲンたっぷりのボーンブロスの簡単レシピ

作ってみるべし!

入村しました♡ にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*