スーパーフードゴジベリーの効能と栄養 抗酸化力でアンチエイジング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゴジベリー」とはクコの実ですね。中華料理のデザート杏仁豆腐にのっている赤い実ですね。

 

スーパーフード「ゴジベリー」の効能と栄養とは?

ゴジベリーをご存知ですか?最近話題のスーパーフードと言われるものです。その昔、世界三大美女である楊貴妃も一日3粒欠かさずに食べたと言われる、

クコの実「ゴジベリー」です。

 

そのゴジベリーの効能が、素晴らしくアンチエイジングに美容に効果高いということを耳にしまして、40代主婦調べてみましたよ。

最近、ドライフルーツの高い栄養と効能にはまっており、

ドライフルーツコーナーにあるゴジベリーも気になっていたところでした。

 

気になるゴジベリーの効能ですが、

まず一番に別名「長寿のくだもの」と言われるほどの効能ですよ。

ゴジベリーを食べることで、寿命が延びるなんてほんと!?と思いますが

「長寿のくだもの」なんて言われるほどですから、

その効能は知られていることなのでしょう。

中国では「不老不死の薬」としても用いられてきました。

 

いろいろ様々なスーパーフードはございますけれども、

健康美容への効能は高いものの、長寿までの効能はありませんから、

ゴジベリーがアンチエイジングに高い効能を持っていることに、

強い期待を持てますね。

 

そうそう「滋養強壮」にも効くゴジベリーです。

思えば薬膳料理に出ますものね、ゴジベリー。(この場合は「クコの実」と呼ぶ方が似合っていますね。)

 

また、ゴジベリーは「食べる目薬」とも言われており、

目に効くカロテノイドが豊富に含まれており、抗酸化力がとっても高いのです。

ビタミンCも豊富なため、美白にも効果ありと実証されているのですって。

シミ予防とシミの改善にまで働きかけるというゴジベリー。

まるでホワイトニングサプリメントのようですね。

高い抗酸化力を持つゴジベリー、それだけでもすぐにでも欲しくなりますが、さらに詳しくその効能と栄養をお伝えいたしますね。

 

そうですね、まずは栄養からお伝えします。

ドライフルーツは栄養が凝縮されて濃厚ですから、40代主婦は毎日必須の本当にサプリメントのように食べていますよ。

スポンサーリンク


まずはゴジベリーの栄養です。

・たんぱく質 ・カロチン ・カロテノイド 

・カルシウム ・カリウム ・鉄分 ・リン 

・βカロテン(ビタミンA) ・ビタミンB1 

・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンC 

・ビタミンE ・リノール酸 ・アミノ酸 

・食物繊維 ・ポリフェノール ・フラボノイド

 

素晴らしすぎる!

なるほど美容効果高い栄養成分が並んでいますね。

 

ビタミンB群が豊富なのも、ゴジベリーが滋養強壮効果高いのがわかりますね。

抗酸化力の高いビタミン類も豊富で、若返りビタミンであるビタミンEもありますね!

さらには、ドライフルーツは鉄分が豊富なのですが、ゴジベリーはトップクラスの含有量ですよ。

 

ビタミンCは、美白ビタミンでありますから!

ゴジベリーのシミ予防・ホワイトニング効果が明らかなのは、わかりますね。

そしてカロテノイドと美をつかさどるポリフェノールも。

抗酸化力が高いカロテノイドとポリフェノールはアンチエイジングに絶大な効果があります。

 

わ。

ゴジベリーって本当にすごいアンチエイジングスーパーフルーツ!

早速に食べなくては!

スポンサーリンク


ゴジベリーに期待される効能

さてさて、上記のように豊富な栄養を持つゴジベリー。

その効能たるや大きな期待が寄せられますね。

なにせ抗酸化力が高いので、健康美容そして寿命とまで広い効能があるのですよね。

老化が始まり出します40代からは、抗酸化力が命!なのです。

 

 

① 老化予防

高い抗酸化力でばっちりの老化予防。

ビタミン、カロテノイド、ポリフェノールと抗酸化作用が高い成分がびっしりと豊富に入っています。

 

② 生活習慣病の予防

ゴジベリーには、悪玉コレステロールを減少させる作用があります。

高い抗酸化力で血管を丈夫にして、血液をサラサラにする作用で生活習慣病の予防ができます。

中国では糖尿病の治療に使われることもあるようです。

 

③ 冷え症改善

クコの実に含まれるフラボノイドは、抗酸化作用が高いのと血行促進に役立ちます。

血流をよくし、また鉄分も豊富で貧血効果も高いので、冷えの改善とともに血行不良からくる肩こりやむくみの改善にに期待されます。

 

④ ダイエット効果

ビタミンB群を豊富に含むゴジベリーは代謝を促す作用が高く、ダイエット効果に期待できます。

また食物繊維で、腸をきれいにし老廃物を排出します。

脂肪排出作用、脂肪蓄積予防に期待できます。

 

⑤ 目の疲れを改善

別名「食べる目薬」を持つゴジベリーですから目の健康を守ります。

高い抗酸化作用を持つビタミンAは目に効くビタミンです。

 

⑥ 美肌効果・アンチエイジング!

高い抗酸化作用でシミしわ、たるみなどのお肌の老化現象を防ぎます。

ゴジベリーのビタミンCが、シミの予防と改善に効くことは実証されております。

ビタミンCは、コラーゲンの生成にも役立ちますから、ハリある潤いある白い美肌作りに欠かせませんね。

鉄分も豊富で血流もよくする効果が高いので、くすみのない血行のよいお肌を引き出します。

 

最後に注意点を。

ゴジベリーは女性にとっていいこと尽くしなのですが、実は女性ホルモンにも作用すると言われております。

ですので、妊娠中、授乳中の方は摂取を控えた方がよろしいようです。

 

でもでも逆にいえば、

女性ホルモンに作用するということは40代主婦のような、女性ホルモンが減少気味な方には、更年期対策として期待できますよね。

 

また血圧、血糖値を下げる作用もあるので、私のような低血圧40代主婦が食べるには、ちょっと注意が必要です。

とはいえ一日の摂取量は10~20粒と言われていますから、

うん、多いですよね。

楊貴妃並みに一日3粒で充分ではないでしょうか。

 

ドライフルーツ、バッグに入れておくと便利で栄養豊富でお腹が空いたときにとても良いですよ。因みに今は、デーツにはまっています!

デーツの効能の記事はこちらです。

 

ゴジベリーはもとより、シミ予防シミ対策エイジングケアには、

赤い食べものが効きます。

トマト、スイカ、赤ピーマン!

そして「赤ピーマンは絶対に生で食べる。」

By美人皮膚科ドクター

 

赤い色には抗酸化力がたっぷりですよ。

→赤色はアンチエイジングな食べもの

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*